出会い系・マッチングアプリ評判調査のマドリガル

出会い系は、おそらく一生無くならない

インターネットの普及と共に「出会い系」が一般的になって何年が経つでしょう。
昨今ではスマホが普及し「マッチングアプリ」という呼び方が浸透してきてはいるが本質は同じ。男女問わずみんな出会いが大好きでいつの時代も求めてしまうもの。人間の本質的な「欲」を突いたサービスは、どんな形であれ今後も生き続ける事でしょう。

需要が無くなる事は無い。なので供給は生まれ続ける

特に悪い事を考える人は、人の「欲」が理性を麻痺させ、手っ取り早くお金になる事を知っています。そして法整備が追いつかない中、雨後の筍のように乱立し続ける出会い系サイトは利用者の心と財布を蝕みながら私欲を肥やし続けます。

悪い人たちは同じサイトを運営し続けるリスクについてもよく知っています。定期的にサイトを潰し、運営者を変え、何度も何度も消えては現れを繰り返し、悪評をリセットする。そんな業者が何十と蔓延っている現状の中、怪しいサイトを「ここは怪しいぞ」と槍玉に上げて論じるのは、ハッキリ言って時間の無駄です。

最低限、防衛知識の基礎を身につける

じゃあ全部が全部悪い人が運営しているの?

…そんな事は全くありません。悪者が運営するサービスなんて、ちょっとした着眼点を覚えてしまえば楽に見抜けてしまうのです。見分けるポイントは以下の点だけ。これに該当するサイトについては、さっさと切り捨てて忘れるのが建設的です。

  • インターネット異性紹介事業受理番号の有無(公安にきちんと事業届を提出しているか)
  • 5年以上の運営実績を持ったサービスか
  • 出会い系サイト規制法に則り、未成年で無い事の確認を行っているか
  • 料金説明ページを登録前に確認出来るか
  • 利用料金は適切で、かつ従量課金制であるか(後払い制は論外)
  • 退会の意思を示せば、すぐに無料で退会出来るか
お?聞き覚えの無いサービスだな?と思ったらサイト名をググってみてください。情報が出ない、もしくは悪評ばかりが出てくるのなら、そこは100%詐欺サイトです。

安全なサイトなど一つも無い

じゃあ上記をクリアしているサービスは全て安全ってこと?

答えはNOで、ルールの範囲内での危険を多く孕んでいます。

  • キャッシュバッカー(サイトにお小遣いを貰ってメールしてる人)
  • 誘導業者(他社のサービスに誘導し、登録させる人)
  • 美人局(待ち合わせ場所に怖いお兄さんが出てきてユスられたり)
  • 宗教や商品等の営業目的の出会い
  • 援助交際(未成年が多く、引っかかると人生が終わる)

このような危険が、一見安全な大手サービス内に蔓延っているという現状があります。特に一般ユーザーに紛れた悪質ユーザーは何年も前から様々なサービスで確認されており、運営側の対応がとても難しい事がうかがえます。

そして、騙す方も年々手口を巧妙化させており、ある程度の経験者であってもこのようなユーザーを見分けるのはなかなか大変です。

他所のレビューサイトってどうなの?

サービスの数だけ攻略サイト、比較・レビューサイトも存在します。そのサイトのほとんどはアフィリエイト収入が目的で、目的のサービスに読者を登録させるための様々な仕掛けが用意されています。登録先サービスに黒い部分があっても、それを正直に批判してしまうと成果にならないので、信用出来る正確な情報とは言えません。ネット上のどこの記事を読んでも評判が良いサービスでも黒い部分は必ずあるものです。

ここでは、様々なサイト・アプリを渡り歩いた管理人の体験や独自の目線で収集した情報を基に、優良とされるサイトの黒い部分も正直に掘り下げた辛口レビューを、世間の評判と照らし合わせながら掲載しています。

適切な防衛知識を備えて、最短距離で出会おう

本来マッチングサービスは素晴らしいものです。ごく普通に生活しているだけでは得られなかったであろう関係を生み出すことが出来、恋愛や結婚という同じ目的を持った人同士がくっつけるなんて、とても幸せな事ですよね。

それを一部悪意を持った人間に邪魔されるのはちょっと腹が立ちます。私には、純粋に友達を求めただけなのに辛い目に遭った友人や、真剣交際を夢見て勇気を振り絞って一歩踏み出して莫大な借金を抱えた友人が居ます。今後、正直者がバカを見ないためにも、悪者ばかりが儲かるような制度に一石を投じるためにも、長年この業界に浸かって得た知識や情報が、これから出会い探しを始める誰かの役に立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました