ラブサーチの評判(リニューアル版)

ラブサーチ
この記事は約13分で読めます。
4.5

http://www.loves.ne.jp

https://lvs.jp

2017年3月、ドメインと共にUIデザインを刷新!これまでの古臭いイメージを抜け、時代に合ったクリーンで使い勝手の良いサービスとしてリデザイン。

  • 会える度:3.8
  • 会員数・鮮度:3.0
  • 親切度・サービス性:2.8
  • コスパ:3.7
  • 安心・安全度:4.7
調査費:¥10,000 / 三ヶ月使い放題
※新規入会限定キャンペーンで1,400の割引適用価格。

おすすめ用途:友達作りオフ会参加

特徴

 

優良とされるコミュニティサイトの中では老舗のラブサーチ。熾烈なこの業界で運営実績10年を越し、20年弱という息の長さを保っているのは流石だと言えるし、それだけ人気を博している事の証であるとも言える。運営姿勢もとても誠実で「ラブサーチのあゆみ」を見ても分かるように、堅実で真面目な態度が見て取れてユーザーとしては安心感を持てると共に応援したい、盛り上げたいという気にさせる。
そしてポイント制がスタンダードなこの業界で、定額と言えばラブサーチと言っていいほどの定着度がある。実際、余計な請求や悪質な利用引き伸ばし用会員らしき存在も無かった。公式がそう謳うようにSNS感覚で使う事が出来、機能も多いためフットワークの軽い人なら満足いく程使い倒す事が出来るだろう。概ね優良であると言えるが、ネット上のレビューを巡っているとユーザー側からしたら少々の不満がチラホラ見てとれる。

良い点

  • リニューアルして使いやすくなった
  • 同性と交流が持てるのが良い
  • 他と違ってフランクな雰囲気なので居心地が良い
  • 恋人探しというより友達探しに向いている
  • 変な事を言うユーザーが少ないのが不思議
  • サクラは間違いなく居ないだろう
  • 運営体制がとにかくしっかりしている。

悪い点

  • 使える機能は色々あるんだろうが説明不足
  • 人が少ない
  • 勝手が分からない間は異性から全く返信が無い
  • 登録したきり使ってない人も多いように見える
  • 当てずっぽうでメールしてくる人が多い

恋人探しというより、友達や仲間探しとして使っている人のレビューが多いような印象がある。使ってみて分かった事だが、あ〜この人ヘビーユーザーだなぁと思えるアプローチをしてくるユーザーはラブサーチ愛が強い。本当に居心地が良くてそういった雰囲気を醸しているのか、あるいはラブサーチ側が用意したユーザーなのかは謎だが、とにかく温かい人たちのコミュニティである事は間違い無さそう。
悪い点として、たしかに機能の使い勝手がイマイチ分からない。それに色々ありすぎてどれからどう使っていいかが分からない。もっとシンプルに機能を絞ってもいいんじゃないかという意見もあった。ただしこれは古い情報で、2017年のリニューアルによって大幅に見直され、使い勝手は新興系の他サービスと同等かそれ以上のものとなっている。

蛇足:会えないという意見

また悪い点として「ここは会えない」「誰からも反応が無い」という声が大変多かった。しかしこれは悪い点ではないんじゃないかと考察できる。リアルな会員が多いと、それだけ好みもリアルなものになってくる。魅力の無いプロフィールや、ビミョーなアプローチメールを受け取ったところで行動に結びつか無いのは実に現実的な反応ではないだろうか。登録すれば自動的に自分にとって都合の良い出会いが手に入ると思い込んでしまっているユーザー達はこうして運営のせいにし、ネットに悪評をばら撒こうとする。健全に一般ユーザー同士の出会い成立をプロデュースしたい運営会社さんには心から同情する。とりあえず「会えない」「サクラしかいない」といった類のレビューは無視していいだろう。

料金

男性のみが定額課金性。一ヶ月のみの利用なら3,980円とやや高め。しかも以前と比べて1,000円以上の値上げが成されている上、クレジットカード決済限定のプランとなっている。一年丸々使えるプランだと月2,000円まで落ちるが、最初に24,000円を払わなけらばいけない。初心者にとってはこれはちょっとハードルが高すぎる。機能を試せる「お試しプラン」的なものは一切無く、最低でも3,980円は取られてしまう。まずは4,000円を支払い、一ヶ月間様子を見た上で自分にマッチしていそうなら3,6,12ヶ月プランで契約しても良いだろう。

女性は完全無料で使い放題。誰にでも何度でもメールが可能なため、誘導業者や個人情報収集業者の介在が心配なところ。

登録フローの罠

男性として登録すると、基本情報入力に続いていきなり「お支払い方法選択」画面に飛び、続いてお支払い手続き、そして登録完了と、いきなり会費の請求から始まる。まるでお金を払わなければサイトの中身を一切見せませんよと言わんばかりの登録フローだが、この画面が表示されている頃には既に登録アドレスに専用IDとパスワードの通知が来ている。決済云々はスルーしてウィンドウを閉じ、再度ラブサーチを開いてサイトにログインし、使い勝手を見た上で利用の可否を決めた方がいい。

ただ、使い勝手を見ると言ってもログイン後に各種機能をクリックすると先ほどの決済フロー画面に戻されてしまう。ちょっとした機能のお試しも無いため、利用したきゃとにかく金をよこせといったスタンス。なんだかヤ○ザじみていてしょっぱなから不親切だし面倒だなというのが正直な印象。正直、この段階で利用を断念するユーザーも多いだろう。断念しても空のプロフィール は残るので、会員数だけは増えていく。賑わいを見せるための会員数底上げは巧いこといってそうだ。

各種料金については下記の通り。

利用料金

料金テーブル
利用期間 旧料金 新料金
1ヶ月 ¥2,880※クレカ決済限定! ¥3,980※クレカ決済限定!
3ヶ月 ¥2,580 合計 ¥ 7,740 ¥3,800 合計 ¥ 11,400
6ヶ月 ¥1,980 合計 ¥ 10.000 ¥3,000 合計 ¥ 18,000
12ヶ月 ¥1,650 合計 ¥ 19,800 ¥2,000 合計 ¥ 24,000

料金は旧来のものより値上がりしており、一ヶ月の利用料金は割とおおきく値上がりしてしまいました。繰り返しになりますが男性は完全に定額なので、サイト上で何をしても、どんな頻度で使っても料金の追加請求はありません。やりとりに熱くなってポイントを次々購入してしまう恐れや、ポイントのマイナス表記による後払い請求の恐れが無いのは安心ですね。一ヶ月プランのみクレカ決済限定なのは、より長い期間の契約を取りたい運営方針からでしょう。

とりあえず一ヶ月プランで良し

クレジットカードが無い人は三ヶ月プラン。お試しプランも無いし、とにかく何もできない事には始まらないので課金は必須。サクラにまみれているわけでも、あこぎな請求が来るわけでもありません。前述の通りより現実に近い環境である故に、やり方次第ではコンスタントに出会う事ができるサイトではある。
なので一度課金してしまえばこっちのもの。尽くせる手はとにかく尽くしてみて自分に合うサイトか、定額制が自分に合っているかのどうかを判断しましょう。
あまり頑張りたく無い人や、攻略方法を自分で考えるのが面倒だと思う方には完全に不向きです。切り捨てて別のサイトにチャレンジしてみましょう。

機能

ユーザーサーチ、いいね写真集、ここ行きたい、ラブログ、ラブ込み、ラブアンサー、オフ会ボード、チャット、ウィンク、ラブマイル・・・使える機能は多いが、多い分目が散って機能の本質を捉える事が出来ず有効活用に至らない。とりあえず余計な機能は置いておいて、「お相手探し」「メール」「日記(面倒くさがりじゃなければ)」以上の三つに絞って活用するのが出会い成立への近道になりそう。

メールを送ってもなかなか成果が出ないのは、おそらく相手があなたの事を測りかねているからだろう。自分らしさをアピールし、自分がどんな人間なのかを日記機能に書き残す事で、プロフィールを補完する事ができる。プロフィールからではなく自分の書いた日記から気に入ってくれるユーザーも多い事から、できるだけ活用する事をお勧めする。

とりあえず友達が欲しい人や、誰でもいいから会いたい人は「オフ会ボード」に絞ってみると結果を得やすいと思います。

ユーザー層

全体のユーザー数について

リニューアル後、明確にユーザー数は減っている。ログインユーザーが居ないというわけではなく、ユーザーそのものが大幅に削減されているようだ。恐らくよりよいユーザー体験のために古くからアカウントを持っており活動が見られないユーザーを省いてしまったのだろうが、賑わいが陰っている事が浮き彫りになってしまった。地方等は、その県自体でユーザー数が10数人というようなところもあり、思い切って活動するにしてはかなり寂しい現状。そういう事情もあって、登録後は他県からのアプローチもかなり多くなる。みんな新規ユーザーに飢えているのだ。

婚活ユーザー

ラブサーチには婚活項目があり、一応婚活目当ての集客も行っている模様。但し、婚活だけを求めて登録している人は少ない印象。元々がフランクでカジュアルな印象のサイトだから、婚活を扱う事でテーマ性のブレを感じる。一般ユーザーもこの曖昧なテーマ設定に戸惑い、本腰を入れたい人は別サービスに流れているのではないかなといった印象。とはいえ婚活ユーザーがゼロというわけではなく、地道にコツコツと活動を続けているユーザーもチラホラ見られる。

サクラ

あまり曖昧なレビューは書きたく無いのですが・・・「9割居ない」といったところです。未課金の状態で居ても、課金を促すような魅力的なメールをしてくるユーザーは居ませんでしたし、プランが失効する間際や直後になって急にアプローチをしてくるユーザーも居ませんでした。ただ、時々ノリノリの長文でアプローチをしてくるのに、いざ返信しても無反応。という謎ユーザーも居ました。あんなに慣れた文章でアタックしてくるのに、いざ返事が来たら恥ずかしくてスルーしちゃう・・・なんて事は無いと思うし、不特定多数に向けた同報メールであると考えるとしっくりくる。ただ確証を持つための決定打が無いので少々ファジーな表現を取らせてもらった。

恋人探し中の人

多いが、無反応な方が多い。中身が無い「キャラクター」なのか、真剣故に返信に迷っているのか、異性からのメールが来すぎていて確認されていないのかは分からない。ここで大事になってくるのが自分なりの工夫。目を引くメッセージタイトルや内容、プロフィールの見直しを繰り返す事でようやく反応がもらえるようになってくる。ただ、早速会いましょうという積極性を持った女性は少ない。しかし恋人探しをしている男性はすぐに会いたい雰囲気の人が多く、ちょっと隙を見せてみると実際会う話に流れていく。レビュアーの私は女なので実際に何人かに会ってみたが、オンライン上での焦り?とは裏腹に紳士的な男性が多かった。

友達探し、オフ会希望

公式がオフ会を推奨する出会い系サイトというのも珍しい。機能としては専用ボードに対してユーザーが主催者としてオフ会を企画するもの。頻繁に更新が行われているが、東京や大阪等の主要都市でしか機能していないため地方民にとってはちょっと遠い存在の機能。しかし一対一で会いましょうと約束するより気軽に参加する事が出来、肩肘張る事なく楽しめる。ただ、やはり「お持ち帰り目当て」っぽいユーザーが最低一人は居る事は否めない。「オフ会」である以上暗黙の了解なんだろうが、苦手な人は予め認識しておくといいかもしれない。

ラブログユーザー

ラブサーチにはラブ○○という機能がいくつかある。独自のワードで取っ付き難く、あまり使う気が進まないのは置いといて・・・ラブログはいわゆる日記機能。ここで日記を書き、公に公開する事でいろんなユーザーからの反応(ラブほめ、コメント)を集め、承認欲求を満たし楽しむための機能。これを書き、反応を楽しむためだけに登録している人、逆に定期的に閲覧する事のみが活動内容の人も多く、実際に自己紹介欄で自称しているため分かりやすい

ここから出会いに繋げる、という使い方もできそうだが、実際にそうしている人はあまり多くはないように見えた。
余談だが日記の内容としては、基本的に自己陶酔型の自分語りや、啓発系の力説日記、サイト内外の愚痴の類。何故その内容を誰かとシェアしたいのかが謎な自己完結型の書き殴りモノが多い。この手合いは実際会っても面倒な事が多そうだし、何よりあまり楽しくないと思うのでスルーするための指標として活用すると良いだろう。一番多かったのは日々の出来事をのんびり書き残すまったり日記。これは見ていて楽しいし、コメントやラブほめを行う事で少しずつ交流の輪を広げていくのも楽しそうだ。
ご存知の方は少ないだろうが、「趣味人倶楽部」という超老舗コミュニティサイトがある。ターゲットは中〜老年世代で、おじいさんおばあさんが互いの趣味を日記に記して交流し合うSNSだ。何年も地道な活動を続けているシングルユーザーの多いサービスだが、ラブサーチで日記を活用しているユーザーを見ているとそこのユーザー達がチラつく。

退会について

退会フォームが分かりづらく、ヘルプ&お問い合わせページの最下部右、退会についてのQ&A項目より可能。退会をしようとすると新着会員や、まだ見ぬ機能の紹介等でユーザーの引き止めにかかるのは何処のサイトも同じ。しかしラブサーチは、ここだけやたらとフォントや機能紹介ボタンが大きくグラフィカル。の割に退会ボタンは極めて小さい。
悪い事だとは言わないが、ちょっと必死な感じが伝わってくる。しかし即時退会可能で、退会までの猶予期間等は無い。いつでも簡単に見切りを付けられると思えると思い切った行動も起こしやすい。

評判について

良い噂

  • SNSみたいで面白い!
  • 日記書けば誰かが反応してくれるから孤独感薄め
  • プロフィール内容を添削してくれる一般人が居るw
  • 他のサイトに同時登録されないのが良い
  • ポイント制に疲れたからここのシステムいい感じ
  • オフ会だけでコンスタントに知らない人に会える

悪い噂

  • 普通に利用してたのにログインできなくなった
  • 詐欺写メ率高すぎ
  • 美人局だった
  • 日記で盛り上がってる人が気持ち悪い
  • 機械みたいな返事してくる人が多い
  • 年齢層高いのって、若者がつまんないと思うからじゃね?
  • 他のサイトに誘導される率の高さ

向き不向き

ラブサ向きの人

「一夜限りの関係」と「恋人探し」の中間くらいの関係を求めている人には最適なサイトかもしれない。
他サービスのようなスピード感ある出会い探しには向かないし成果は上がりにくいが恋人募集や婚活目的の人は気長で、攻略法や作戦立てを効率的に行える人も、頑張れば良い出会いが見つかりそう。またラブサーチは単体のコミュニティとして完結していて、ラブサーチを守る?自警団のようなユーザーも多く見られた。本当にラブサーチが好きで、進んで自治を行っているように見えた。そんな【公式】ラブサーチ(18歳以上)の輪にすんなり迎合できる人は居心地も良いだろうし、自分のペースで楽しく出会い探しが出来そう。

ラブサに不向きの人

エロ目的全開の人は誰からも相手にされずに終了するだろうし、自己PRやアプローチが苦手な人も辛酸を舐める事になるだろう。目的が生々しいものではなくクリーン寄りのライトな関係であり、ラブサーチの雰囲気が気に入ってる人はワイワイシー≪18禁≫でコミュニケーションスキルを磨くのがいいかもしれない。援のような目的なら話は別だが、フツーの目的を持った相手とそういう関係になる事に美味しさを感じる人にはこれがおススメ。またがっつり婚活目的で登録しても結果はあまり期待出来ない。フランクではあるが下品ではない、カジュアルではあるが上品過ぎない。それくらい曖昧なユーザー層に理解を示すのが難しい方には向いてないでしょう。
かと言って結婚なんて重すぎるよとお思いの方にもおススメ。

タイトルとURLをコピーしました