YYC(ワイワイシー)の評判

YYC2019
この記事は約20分で読めます。

http://www.yyc.co.jp/

score

  • 会える度:3.3
  • 会員数・鮮度:4.2
  • 親切度・サービス性:3.4
  • コスパ:1.8
  • 安心・安全度:2.6
調査費:¥24,800 / 一日15通のメールでの一月あたり


おすすめ用途:メル友作り大人の関係遊び仲間探し

会えるには会えます。よっぽど下手なことをしなければ全然会えます。
しかし問題が山積み。会員数が多い事は間違い無いが、それに伴って危険度のも高いため見極め眼必須と判断。
会えるのに何を注意しろっていうの?という方にこそ読んで欲しいエントリーです。

特徴

元々Livedoor(ライブドア)という大手運営の後ろ盾もあって隆盛を誇った友達作りサイトで。
今や運営会社は移ってしまったが、ライブドアの名前を使った宣伝もweb上に沢山残っているが、現在はmixi(ミクシィ)の関係会社の運営となっている。現在はアプリを中心に広告展開を行っているようで、そのクリーンなサイト構成も相俟って大変優良な友達作りアプリケーションとしての認知度が高いように思える。

会員数1400万超!?

新着会員を観察していて見える一日のエントリーユーザー数や、2019年現在に至っても色んなウェブサイト上で見る広告出稿の多さ、規模を見ると世間への浸透率はかなり高めなのではないだろうか。2019年夏現在、1400万人も登録しているんだそう。ミクシィの名前を借りて宣伝することで、これまで「出会い系」に対してダーティーなイメージを持っていて敬遠していた層の取り込みも多い事が予想されるため、かなり堅実な使い方が出来そうだ。

ユーザーを掴んで離さない「飽きさせない工夫」

そしてユーザーを飽きさせない工夫として定期的なイベントも開催しており、それなりの賑わいが見られることから、継続的に使いづつけるユーザーも多いことが予想でき、全体のユーザー数も維持出来ているように見える。昨今、雨後の筍のように湧いて出るマッチングアプリの多さから見てもユーザー数が激減せず普通に遊べるのは企業努力の賜物ではないだろうか。

ただ、悪い部分も多々有り、良い部分よりもその比率は多いかもしれない。

良い点

サイトのデザインが綺麗だし使いやすい!

広告力がある。=賑わいが衰えない。

ブロック機能が便利なので快適に使える!

ユーザー毎に専用のメモを残す事が出来る(相手には見えない)

日記や写メコン、ログインイベント等、ユーザを飽きさせない工夫多し

即退会出来るので安心して使ってられる

旧来の会員の離脱率が低く、加えて新規会員が流入し続けることで潤沢さを保っている会員数が魅力

悪い点

従量課金制であるため、一通毎にお金がかかる

何処の地域でもユーザー層が援助目的の人に極端に偏っている

高額では無いにしろ、何をするにもポイントが必要で面倒

エントリーの段階で、サイトが用意した文言で勝手に掲示板投稿される

招待コードで入ったであろうユーザーの多さ

出会えた体験談のコーナーに信憑性が無い。嘘くさい

女性会員に『キャッシュバック』制度があるため、天然のサクラが多数

短文慣れしたユーザーが多いため、真面目な出会い探しは難しい

連絡先の交換等が難しい(可能だが、天然サクラが多いため難しい)

スタッフの対応が遅い(プロフ認証、写メ認証、年齢認証等)

 

悪い点を書き出すと結構キリが無い。特に、勝手にアップされる掲示板投稿は、ユーザーに何の説明も無いため使っている方からすると気分が悪い。そして一番の問題はやはり、キャッシュバック目当ての天然桜娘達の存在。会うつもりも無いのに会う素振りを見せてひたすら男性からお金を絞る人も居る。使いやすいし、実際会える人も沢山居るとはいえ、男性に対する課金を促す仕様が沢山仕込まれているため、使いこなすにはある程度の熟練が必要そうだ。

また特筆すべき「招待コードユーザー」について触れてなかったので補足。

ワイワイシーは、専用のURL経由で友達を入会させると紹介者に対して謝礼が支払われる仕様。そのためお小遣いの欲しい人たちは「登録するだけでいいから」「使わなくてもいいから」と手当たり次第に招待コードを配っている可能性があり、実際「誘われて登録しただけなんで、ごめんなさい」と礼儀正しく返信をくれるユーザーも多い。小額ながらポイントの無駄使いをする可能性もやや高めかもしれない。

古臭さの残るweb版UI

また、PC版・スマホ版のユーザーインターフェースについては何年も同じで代わり映えが無い。企画コンテンツは豊富だが、よく観察していると昔ならがのものを使いまわしているため、よほど使いこなして慣れている古参でもない限り、少々古臭さを感じるユーザーも居るかもしれない。これはもしかすると、近い将来web版の利用は出来なくなる可能性が考えられる。運営が、時代に則してアプリ版のみの運用に集中するのはごく自然なこと。これから使う人はアプリ版のみに慣れる方が良いかもしれない。

料金

男性のみが課金性。ヘビーユーザー向けの『VIP』コースも存在するが
メールを送るためのポイント数は通常会員と変わらないためあまり意味が無い。女性は無料での利用が可能。女性を使って男性にお金を使わせるシステムだから当たり前か。

各種料金については下記の通り。

利用料金

料金テーブル
会員種別 ポイントが必要な機能
一般男性 プロフ、掲示板投稿:10Pt
メール送信:50Pt
男性VIP会員 メール送信:50Pt
一般女性会員 完全無料
1pt=1.08円です。悪徳とされるサイトは大抵1pt=10円ですので、価格的には良心的…ではありますが、一通あたり50円というのはちょっとキツいところ。

年齢認証

当然ながら、異性紹介事業サービスを利用するには18歳未満でないことの確認が必要。サクっとクレジットカードで済ますか、少し手間ですが身分証を撮影した画像データを用意しましょう。

クレジットカード決済による年齢認証

クレジットカードを持っている=18歳以上の人間であるという証明になるため、カード番号を打ち込み、正確なカードであることが認められれば年齢認証の許可は下ります。今後定期的にポイント購入をするのであればここでカード番号を渡しておけばスムーズではあるが、心配な人やこういったサービスに不安を覚えている方は身分証提出による認証を行うことをお勧めする。
ちなみに「無料で認証だけ行う」方法と「認証と共にポイントを購入する」の2パターンの利用が可能。他サービスではこのタイミングで定額プランやポイントの購入が必須のところもあるので、お金をかけずにサクっと認証出来る制度というのはなかなか親切だといえる。
身分証の提出と違い、登録が済めば即座にすべての機能が利用可能になるのも魅力的だ。

身分証の提出による年齢認証

ユーザーの生年月日を運営側が目視で確認し、18歳以上である事を確認するというアナログな手法。クレジットカード情報を渡したくない、持っていないという方は迷わずこちらを選択。クレジットカードより本籍や氏名、顔写真を提供する方が心配!という方も安心していただきたい。年齢確認作業で運営が求める情報は「生年月日」「証明書の種類」「証明書の発行元」の3点であり、それ以外の情報は指や付箋で隠してしまっても問題無い。ここで鮮明な画像を提出しなければ再提出を求められるので注意しよう。
そして目視での確認となるため、当然認証までにそれなりに時間がかかる。とはいえ何日もかかるわけではないので、数十分ほどの審査時間は覚悟しよう。
ちなみにこの時利用可能な身分証の種別は以下の通り。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 共済組合会員証
  • 保険証券
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 障害者手帳

YYCを観察してみよう-男性編-

一般男性会員として様子見

いざ出会い探しを始めようとしても、プロフィールはおろか掲示板投稿の閲覧にもポイントがかかります。しかもプロフィールを開いても空白…なんて事もザラなので、まずは勉強だと思って研究を重ねましょう。そのうちどの人がどういうプロフィールを持っているかの判断も付きやすくなってきます。
その頃には何万も使ってた…なんて事にならないよう、またサクラや業者達の可愛く魅力的なプロフに惑わされないよう正気を保ち続ける事が大切。

ユーザー層

援助目当ての人

恐らくこの目的のユーザーが過半数を占めているだろう事は、登録直後大量に届く定型文のようなメールの数からも分かる。男性からは料金と場所日時指定のメール、女性からは身体を買わないかといった内容のメッセージ。登録早々これだから真面目に出会いを求めて入会した素人はドン引きしますよね。免疫の無い真面目さんは特に。
この洗礼を受けたらすぐに退会申請を行うか2度とログインする事も無くなると思うので、結果的にサイト自体『友達作り』という建前はすっかり形骸化し、援助斡旋を主とする交流の場と化していると言っても過言ではないのではないだろうか。手軽なポイント制の、手軽過ぎるが故のしょうがない事実って感じ。

天然のサクラ

キャッシュバック制度というのは、出会いを求める上で一番気をつけなければいけない悪しきシステムだと言えよう。招待をした人間がエントリーをすればお小遣いをゲット。男性にメッセージを送らせる毎にまたお小遣いをゲット。こんな美味しいシステムを放っておく女性はあまり居ない。お金だけしか見ていない女性達は、甘い言葉で貴方を誘い耳障りの良い言葉で貴方を引き留め、仮初めの恋愛を演出する。貴方が彼女に恋心を抱いていても、相手は貴方をATMのようにしか見てない。真っ黒い悪意があるわけではない分、業者の雇ったメールレディより圧倒的に厄介かもしれない。こうした連中が大体全体の3割だと思っていて良い。

サクラと分かって会話するメンズ

なんと、YYC=サクラの巣窟だと理解した上で利用を続ける男性が居るのも事実。女性は男性を楽しませるためにメールをして、男性はそれにお金を払い、直接会う事なんか考えもしていないという。出会い系なんだから会うのが当然という方からすると信じられない話かもしれないですが、寂しさを埋めるためにこうした使い方をしている男性は実在します。楽しみ方は人それぞれですね。

真面目な異性

勿論、純粋に寂しさを埋めたかったり、恋人が欲しかったり、結婚相手を見つけたい人もそれなりに居る。最初に紹介した「援助の洗礼」をかいくぐっている人に限るが。この人達は、引き延ばしを目的とした会話もしないし、気が合えば連絡先の交換も申し出てくれる人が多いし実際会っても礼儀正しく、何のトラブルも無い楽しい時間を過ごせる事の方が多い。ただしそれはある程度「社会」を経験した20代後半~30代後半くらいの人に限った話で、それより若い人、特に男性は自分の事しか考えていない人種であると認識していた方が良さそう。会話が退屈な上自分勝手な要求ばかり押しつけてくる彼らは、この先一生良い出会いを知らずに生きる事になる悲しい猿達です。放っておきましょう。

ユーザー比率(独自目線)

  • 援助目当ての人
  • 天然のサクラ
  • 真面目な異性

YYCを観察してみよう-女性編-

一般女性会員として様子見

女性は登録後、いくら機能を利用しても利用料金は発生しませんので存分に観察が出来ます。男性側にキャッシュバック制度は無いので、怪しいユーザーが居たとしても強く警戒する必要はありません。ただし他サービスへ誘導をしかける男性ユーザーが居ます。※後述

ユーザー層

数撃ちゃ当たるマン

女性として登録するとまず、数撃ちゃ当たる方式の男性からのメッセージラッシュに驚くかと思います。エントリー時に作成した最低限のプロフィールも読まず、長文でアプローチしてくる男性が一定数居ます。彼らはアプローチが下手で、恋愛指南サイト等で学んだ中〜長文のアプローチメッセージを手当り次第送る層です。一度返信してみると分かるのですが、会話のキャッチボールがとてもぎこちないです。何処かテンプレチックであったり、最初は長文メッセージだったくせに会話となると極端な短文レスだったり。可愛いと言えば可愛いんですが、個人的には直接会ってもつまらない人達だと思っています。

援助目当ておじさん

男性で登録すると分かるのですが、援助が目的の女性ユーザーは多いです。なので貴方が援助目的で登録していると思われるのは仕方の無いこと。いきなり料金や対面提示が来る場合がありますが、目的に沿わなければ無視してOKです。彼らは女性からのスルーにも慣れているので何ら罪悪感を抱く必要は無いのです。そしてこの層はおじさんが多い。更に自称高収入である旨をプロフィールで示しているのが特徴ですが真偽は不明です。あと余談ですが、何故か「経営コンサル」を自称している人が多い層でもあります。モテるんでしょうかね。

誘導業者

一番注意するべきは誘導業者です。彼らは純粋に出会いを求める男性ではありません。アフィリエイトや詐欺サイトへの誘導を目的としたユーザーですので、連絡先を一方的に送ってくる男性は即ブロックで構いません。運営に通報すると尚良し。何処かのサイトに誘導されたら、そこはもちろん悪徳サイト。様々な仕掛けで貴方からどんどんお金をむしり取りますよ。

キャッシュバッカーとお話したいメンズ

男性編でも触れましたが、ここがサクラの巣窟だと理解した上で利用を続ける男性が居ます。貴方との会話が楽しいからメッセージにお金をかけてくれる優しい殿方です。貴方はサイト側からキャッシュバックが受け取れるし、相手男性は楽しい時間を過ごせるという建設的で魅力的なシステムを利用してみるのも良いかもしれません。

真面目な異性

不真面目な層を最初に紹介してしまいましたが、真面目な目的で登録している人も結構居ます。純粋に友達や恋人を探している人も居れば、そこから婚活に発展出来ればと求めている男性も一定数居ます。彼らは恐らくサービスを上手く使いこなせず、または理想との乖離っぷりにちょっと引いたところからこのアプリを見ています。プロフィールを消して理想の女性の女性の登場をこっそり待っている男性も多く、真面目な出会い目的で登録し気長に待っていれば向こうから声がかかります。その間に押し寄せる不真面目なメッセージの波を耐えられればの話ですが…。

ユーザー比率(独自目線)

  • 数撃ちゃ当たるマン
  • 援助目当ておじさん
  • 誘導業者
  • 真面目な異性

退会について

即時退会が可能

退会フォームは各種設定画面の中から進む事が可能。途中引き留められる場面もあるが、他サイトに比べ圧倒的にスムーズなので安心出来る。想像以上に変な人が多い、変なユーザーに絡まれた、いきなりサクラに狙われた等、ワイワイシーが嫌になったらサクっと退会してしまおう。

すぐ退会するユーザーが多いというキーワードでの検索が多いので補足。
ここでは、これ以上関わりたくないユーザーをブロックした際、相手から見た自分のステータスは退会済みユーザーと表示されます。会話の途中で突然相手が退会済となった場合、本当に退会しているかもしれませんが、ブロックされた可能性も高いです。逆に言うと、変なユーザーに目を付けられたらブロックしてしまうことで、相手からは自分が退会しているように見えるので使えそうな機能です。

評判について

欠点も沢山あるけど、一応老舗という事で良い噂もそこそこ転がっていました。

良い評判・噂

  • お安く美味しい思いが出来る(夜系)
  • イイネ!機能でチヤホヤされるのが嬉しい
  • プロフィールの非公開や写真の公開設定等細かくて助かる~
  • 誘導目的の業者対策バッチリ☆
  • ポイント制だけど安い
  • 同性との交流が出来るので楽しい♪(女性意見っぽい)
  • 知らない人と絡むのに、昔からの知合いみたいに接する事が出来る(日記機能について)

悪い評判・噂

  • 会おうって言っても全然会ってくれない人多くない?
  • イケメンの写メの男と会ったら別人だった
  • 美人局に遭遇したわ
  • 誰の日記見てもつまんねー
  • 写メコン、ブスばっかじゃね?w
  • 他んとこよりキ印の人多い
  • 誘導業者居ないって言ったの誰だよw普通に誘導されたわww
  • 登録直後からいきなりLINEID送ってくる奴が多すぎる。大抵業者。

向き不向き

YYC向きの人

友達募集くらいの、夏の時期の大学生のようなテンションの人には大変居心地が良いと思います。短文で簡潔なやり取りしか必要でなく、実際に会えて、何も考えず気楽な付き合いの構築が容易です。軽いノリでオッケーとはいえ、年齢を気にされる方も多いと思いますが、ここの年齢層は相当広いです。50代以上の方から顔文字満載の明るいメールが来たりもするので、意外な出会いがあるかもしれません。相手次第では真面目な恋愛関係も充分に狙うに値するフィールドに間違い無いです。ちなみに女性で登録すると、中年以上の男性からのお誘いが非常に多いため、純粋な女性ユーザーは常におじさん達からのお誘いを目にしていることが予想できます。貴方が20-30代であるならば、これから記入するプロフィール内容やお誘いメッセージ次第では女性からはキラっと光って見えるかもしれません。

LINE掲示板等ほど気軽過ぎる場所ではありませんが、管理されたコミュニティだけに無法地帯というわけでもないため、比較的安心して知り合えるのではないでしょうか。質で同等、経営実績で上を行くのがPayCuteなので、居心地を比較してみるのも良いかもしれません。

もしくは、思いっきりアダルトな色が強いサイトに移り住んでも良いと思います。自分同様、相手も同じく大人な関係を望んでいるサイトであれば手間も戦略も必要ありません。しかしアダルト系サイトは正直怪しい運営形態の場所が多い…というか、普通の出会い系サイトより騙される確率は高いです。エロはお金になりますからね…。

そんな中、普通に広告出稿をしながら堅実な営業を続けていて且つ意外なダークホースが≪18禁≫ワクワクメールというサービス。誰しも看板や雑誌等で広告は見た事があると思います。ワクワク=アダルト色が強くてその日限りの関係目的の人が多いというイメージが強いと思います。しかし最近では、真面目な目的をもった若者の流入が目立つようで、フランクな婚活の一環として利用しているという人も多いのです。
婚活がしたいから婚活サイトに登録するのではなく、男女が出会えるコミュニティの中で自然に婚活に繋がるような出会いを探したいという若者が、広告力で他を圧倒するワクワクに「とりあえず」登録しているといった傾向があります。ただ、前述の通りアダルト色が強いというイメージが根強く残っていることが証明しているように、婚活オンリーとしての使い方はできないサービス。純粋な出会いを探しているけど変な人が多くて困惑中の人も多いとか多くないとか。
そんな層を狙いにいってもいいでしょうね。

話を戻しますが、ワイワイシーでは同性同士で会話する事も出来ます。その場合ポイントが必要となりますが、純粋に友達を作りたかったり、美容等の情報交換がしたい女の人は楽しめそうです。
利用する際におススメなのは、ブラウザから登録するwebサービス版ではなくスマホでダウンロードして使うアプリ版。最近ではYYCがウェブサービスではなくアプリケーションであるという認識のユーザーも多く、また使い勝手もアプリの方が良いので利用するならそっちを使う方が色々手っ取り早いしストレスもありません。
但しアプリとweb版では、おそらくgoogleplayの審査基準の兼ね合いで課金回りのシステムが少し違うようです。同一アカウントでもweb版とアプリ版ではポイントは別物ですので、その点のみ注意しましょう。結構紛らわしいのです。

YYCに不向きの人

真面目に結婚まで意識した付き合いを希望する人は、姉妹サイトであるユーブライドへ行くべきでしょう。ここは『婚活』と『一夜限りの関係』を同列に並べた人も相当な数居るため、常識的な社会人と知り合うために使うには不向きです。メル友募集するのもまた注意が必要です。キャッシュバック制度のために生きている人も多いので、上手く見極める力が問われます。

何度も繰り返す事になりますが、『援』が目的の人の巣窟がワイワイシーです。耐性が無い人や興味ゼロの人には完全に不向きです。
クリーンな雰囲気に惹かれ、友達以上恋人未満くらいの調度良いお友達探しをしたいならラブサーチがおススメ。もう少し真剣に恋人探しを楽しみたいならうさぎのみみの活用が吉。後者は結婚がテーマのサービスではあるが、最初からガチガチに結婚を求めた活動をしている人は少ない事が見受けられる。友達として仲良く、上手くいけば恋愛、相性が良ければ結婚、ダメなら友達止まりという感じで割りと柔軟な利用が可能。認知度は無い方だが、それなりの期間広告出稿を行っている上、女性ライクなデザインで質の良い女性ユーザーが多い。追って詳細レビューを掲載します。

使い方

女性の場合はお金は一切使わなくてオッケー。援助のお誘いラッシュに耐えられそうなら、色々な男性のプロフィールを見て、気軽にメールしてみてどんな雰囲気の場所なのかを確かめるのは容易。日記やコンテスト等、飽きない機能が多いのでじっくり試してみて自分に合っているかを確認しましょう。またお小遣い目当てでワイワイシー≪18禁≫登録してしまっても良いと思います。禁止されている事ではないですし、男性を楽しませてお金も貰えるという見方をする事も出来ます。実際、女の子が居る飲み屋に通うような感覚で、キャッシュバック目当てだと分かりながらもメッセージ交換を楽しんでるという男性も多いです。

男性は、その全てにお金がかかります。単価が安く気軽に課金出来るとはいえ、ソーシャルゲームと同じように1度カードを切ってしまうと歯止めが利かなくなってしまいます。じっくりとサービスの質を確かめているうちに高額請求が届く…なんて事にならないように慎重に見極めましょう。
怪しい会員が多いとはいえ、堅実に使えば100%出会えないといった事は無いし、むしろ広告から次々に流入してくる新規ユーザーを相手に何度もトライ出来ます。色々悪く書いたりもしましたが、なんだかんだで堅実に運営を続けており、2019年現在も広告出稿まで続けるYYC、上手に使えば(慣れれば?)どのサイトよりも居心地が良く、出会いにも近いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました