出会い系のサクラが簡単に散るシンプルな小技

サクラメールの見分け方 テクニック
この記事は約5分で読めます。
スマホやPCメールなどに頻繁に届く出会い系サイトへの勧誘。しつこいなあ!と思いながらもその趣向を凝らしまくったメッセージ内容が気になり、ついつい引っかかってしまうのが出会い系。冷やかし目的で入会しただけなのに、いつの間にか課金しちゃってた…なんて被害は何年経っても後を絶ちません。 美味しい思いが出来そうな誘いに惹かれる気持ちも分かりますが、ここは上手に利用してお金を掛けずに確実に素人と出会いたいものですね。ということで今回はとりわけ厄介な存在、メールレディ(サクラ)にひっかからない為の小技の紹介です。

サクラは2種類居る

一つは、システムが自動的に返信メールを送信するタイプ。 もう一つは人間が返信メールを一つ一つ送信するタイプ。 こいつらを簡単に見破る初歩的な方法を紹介します。初歩的とはいえ効果はバツグンで、ほぼすべてのサクラを散らすことが出来ると言って良いかと思います。

システムタイプのサクラ

ハンドルネームにわざと「さん」を付ける。

例えば、「太郎さん」のように。これで返信メールの名前が、「太郎さんさん」と来れば、これはシステムで自動的に「さん」を後付していることがわかります。人間であれば「さんさん」とは書かないですよね。この人達は以下のようなメールを作ります。
##USERNAME##さんこんにちは! いきなりですが今から映画行きませんか?友達と映画に行く予定だったんですけど、この雨のせいですっぽかされました( ´ ▽ ` )ノチケット2枚持ってるから勿体無いし、平日だから他の友達とも予定合わないし・・##STATION##で待ち合わせ出来たらと思ってるんですが、どうでしょう??お返事待ってます(´ . .̫ . `)
このメールの場合、メールが受信ボックスに入った時点で##USERNAME##の箇所が貴方の登録ニックネームに置き換わり、##PLACE##の場所に貴方の登録地域で最も有名な駅名に置き換わります。これを全国の登録ユーザーに一斉に送れば、ある程度不自然ではないアプローチメールを手軽に送れてしまうというわけです。 貴方の登録名が「太郎さん」の場合、「太郎さんさんこんにちは!」というタイトルのメッセージが届くので、一斉送信メールか否かを見分けやすいというわけです。このシステムは多くの悪徳業者が使っており、未だに現役です。

メッセージ内にキーワードを指定する

しかし全てのサクラが貴方の名前を入れたアプローチを送ってくるわけではありませんよね。そこで、貴方にメールを送る際の内容や、相手のプロフィールに特定のキーワードを入れてもらうよう指定しましょう。
「メールの文中に必ず○○○と書いててください。」
など、自分のプロフィール等でキーワードを盛り込むよう指定しておきます。 人間であれば、きちんと指定のキーワードを入れてくれるか、何故そんな指定をするのか?という話題を振ってくれるかと思いますが、システムの場合はまず認識できないでしょう。キーワードが入ってないメールを送ってくる一般人が居たとしても、その人は貴方のプロフィールなんか見ていない「数撃ちゃ当たる」系の人か、怪しい勧誘等のタイプでしょう。いずれにせよ相手にするのは時間の無駄ですね。

本当に機械でメールなんて出来るの?

出来ます。サイト内に限らず、LINEやメールを使っての誘導行為なんかも機械的に行う事は可能ですし、現にその手法は現役で生き残り続けています。けどシステムからの返信なんて、どこか不自然だろうし簡単に見抜けそうな気がしますよね。 ではアシュレイ・マディソンという米国発の不倫斡旋マッチングサービスをご存知でしょうか?あそこは、会員の大半が「キャラクターユーザー」であり、登録ユーザーとのやり取りを自動で行うためのシステムを利用していたそうで、この界隈では大々的なニュースにもなりました。そんな体制でも大きな収益を上げ続けたそうですから、色恋が絡むと人が盲目になってしまうのがよく分かりますよね。

生身のサクラ

連絡先を教えて

これが一番シンプルなのですが、
「ここのサイト経由でメールをすると、お金がかかるので、直接メールアドレスかLINE IDを教えてください」
とお願いするだけです。 これに対して、
「直接アドレスを教えるのは不安なので、教えられません」
などといわれたら、確実に黒です。このご時世、フリーのメールアカウントなんて簡単に作れる事は常識ですし、LINE IDも優秀なブロック機能が備わっているので恐れる事は無いのです。このような場合にはスッパリと諦めめましょう。
冷静に考えれば、連絡先を教えられないような人とは実際に会うなんてことはできません。「メアドを教えるのはダメだけど、会うのはいいよ!」なんて話は絶対にありえないです。百歩譲ってそういう人が居たとして、その人は何故貴方にお金を費やすような行為を推奨するような真似をするのでしょうか。そのような人と実際会えたとして、それは楽しい関係になるのでしょうか?よく考えてみましょう。

地元トーク

貴方が地方在住者であれば、地元民しか分からないようなディープな地元トークを繰り広げてみましょう。「あの国道沿いのあの店っていつからありました?」とか「○○県民なら誰もが知ってるあのCMのあのフレーズ言ってみてください♪」とか。思いっきり方言全開の会話を希望してみても良いでしょう。 地元=地方と限った話ではありません。相手が都内在住であっても有効です。そこに住んでいれば嫌でも目や耳に入っているであろう情報をもってカマをかけてみても良いでしょう。ググれば何でも調べられる時代とはいえ限界はあるものです。地元トークに持っていくと、化けの皮はすぐ剥がれますよ。
しかしこの程度じゃ見破れないのが「キャッシュバッカー」達。こいつらの撃退方法はまた次の機会にでも。

さいごに

出会い系サイトを上手に使って女性と出会う為には、サイト選びがかなり重要です。ここで紹介しているようなあからさまなサクラばかりのサイトを使っていては一生誰とも出会えません。今使っているサイトが無名なサービスであり、相手が実在するかどうかを心配している人が居たら「すぐ辞めて有名なサイトに行きましょう」と声を大にしてお伝えしたいです。
タイトルとURLをコピーしました